2017年07月17日

釣り前夜未明の怪談

猛暑が続き、これでは磯釣りどころではありませんが、
いよいよ夏本番、背筋も凍る怪談の季節になりましたね!?
そこで今回は稲川淳二ばりに(?)、昔私が体験した怖〜いお話をしたいと思います。

それはもう30年ほど前に家族連れで里帰りした時のことです。
前夜は「明日は釣りに行くぞ!」と勇んでいたわけですが、
この夜は当時90歳ぐらいだった祖母が珍しく親戚の家に外泊するとのこと。

翌日早朝に家を出るまで熟睡したい私は「これはしめた!」と離れの祖母の部屋で寝ることに。
私は電気を消さないと寝つけない達だったので、真っ暗にして眠りにつきました。

ところがところが、未明の真夜中に私の耳元で「お母さん!」と呼びかける声が!
今でもよく覚えていますが、かなりはっきりした声でした。
とってもビックリした私は、誰かが部屋に入ってきたのかと思い、
慌てて電気をつけましたが、誰もいません!
夜中に「何だこりゃー!」と慌てふためく私!

こんな怖い体験をした私は、暗いうちから釣りに出かける予定でしたが、
結局、夜が明けて明るくなるまで出かけられませんでした。

祖母には戦死した息子(つまり私の叔父さん)がいたと聞いていたので、
起きてきた皆に「これこれしかじか。これは戦死した叔父さんの霊か何かじゃないか?」と
話したところ、
「まさか。そら耳じゃないの」と一笑に付されました。
でも、ホントに耳元で「お母さん!」と呼ぶ声がはっきり聞こえたのです!

もう祖母はかなり前に亡くなりましたが、戦死した叔父と夜中にこうして会話してたのかも。
この怖い体験以来、臆病な(?)私は小さな電気をつけないと寝れなくなってしまいました。
トホホ・・・

いかがです?少しはゾーッとして涼しくなりましたか?
電気を消し、真っ暗にして寝ているなら、今度はあなたの番かもよ〜、ってか?!

ツケエを取るのがとっても楽な「バッカン用エサ箱立て

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ

posted by モリさん at 18:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

鴨川小湊磯釣り情報、ドボダナでドボン!?

またも間が空いてしまいましたが、
このブログではすっかりお馴染みになったフィールドスタッフの大塚さんら栃木組の面々は、
先週の土曜日に外房・鴨川小湊の磯へ「出勤」したそうです。

私は、あいにく雨の予報にはなりましたが、明21日(水)に釣行予定だったので、
先日大塚さんにメールして情報をもらいました。
そこで、最近の現地の釣況ということで皆さんにもご参考までお知らせしたいと思います。

彼らが向かったのは、前回のブログでもご紹介したドボダナ。(大弁天やケツマクリ方面です)

DSCF1097.JPG

当日は涼しくて穏やかな日だったし、潮もそこそこ下げるので、釣り易かったのでは?
でも、こんな時はえてして釣果に恵まれないことが多いもの。
はてさてどうだったかと言いますと・・・

「オナガは30cmちょいまでがほぼ入れ食い。
シマアジ25cm、ショゴ(カンパチの若魚)30cmが5尾ぐらい。
それにバリ(アイゴ)40cm、サンノジ(ニザダイ)です。
そういえばイサキは25cmくらいで10尾ぐらいは釣りましたね!」

とのこと。オナガが相変わらず釣れ盛ってるんですね。
それに、やはりこの時期になると、南方系の魚が多くなってきます。
シマアジやショゴは秋にかけて少しずつ大きくなっていきますよ。

残念ながらグレやチヌなど本命魚の型物は拝めなかったものの、
アタリが頻繁にあって結構楽しめたのでは・・・

ところで彼らの釣行には落ちがあって、
あるメンバーが「足を踏み外して首までドボンしました(笑)」とのこと!
怪我は無かったようだし、寒い時期じゃなかったのでまだ良かったです。

それにしてもドボダナでドボンとは・・・
これからはこの釣場は「ドボンダナ」と呼びますか、大塚さん!?

ツケエを取るのがとっても楽な「バッカン用エサ箱立て

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ

posted by モリさん at 12:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

ダブルブッキング(?)で外房の磯へ!

少しご報告が遅くなりましたが、ゴールデンウィークの終盤に
久し振りに外房の磯に釣行してきました。

それも何と、前半はフィールドスタッフの大塚さんらいつもの栃木組4名とケツマクリ方面で、
そして後半は釣り仲間のヨシさんと広瀬台で釣りをするという豪華な(?)ダブルブッキング!
なぜそうなったかというと、皆さんの釣場の好みや、
G/W中で釣り座が混雑しそうとの予測などからなんですが。

朝8時前に小湊港の駐車場に着き、磯への遊歩道を進むと、広瀬台にヨシさんらしい人影が。
仕掛け作りをしているようで、遠目にお互い手を挙げて大声出して挨拶を交わし、
まずはケツマクリ方面を目指します。

そして到着すると、ご覧の通り、ケツマクリとそのすぐ右手のスダウラで
栃木の4人組が一心不乱に(?)もう竿を振っています!
大塚さん、よっさん、もりちゃん、たっちゃんです。

DSCF1095.JPG
    【ケツマクリ】

DSCF1094.JPG
    【スダウラ】

どうやら朝4時頃には着いていたらしいです!
でも予報に反して海は大荒れ。ケツマクリは頭から砕ける波をかぶり、
少し入り江になっているスダウラも波が渦巻いてあふれ、まさに「洗濯機」状態!

そこで私が一服して様子を見ようと提案し、
もう少し右手にあっていくらか波っ気も少ないドホダナ周りを大塚さんに見せました。
すると気に入ったらしく、即座に3名が釣り座をこちらにチェーンジ!

DSCF1097.JPG

これが功を奏して良型のオナガグレが乱舞!!
下の画像はその釣果のごく一部で、クチブトは皆無、全てオナガです。

DSCF1106.JPG

でも、タモ入れ寸前で45cmはあろうかと思われるグレにハリスを切られたり、
ためきった2号ハリスを2回も飛ばされた仲間が約二名。
ご本人達の名誉の為に名前はマル秘(?)にしますが、互いにリベンジを誓い合っていました。

以前、バリ(アイゴ)やサンノジ(ニザダイ)など南方系の魚が多くなった気がすると
お話しましたが、オナガも最近は数が多くなった上に型もかなり良くなった気がします。

「さて、広瀬台にいるヨシさんはどんなかな?あちらもかなり波をかぶってるみたいだけど」と、
私一人だけで広瀬台の様子を見に行きました。
やはり海が荒れているので彼は手前の付け根付近で竿を出していましたが、
かなりの良型グレが次々ヒットしてくるとのこと!
釣果を見せてもらうと、こんな感じ。

DSCF1109.JPG

下のビニール袋にはもうさばいた良型グレが10尾は入っているとのことでした!
私もここで釣ろうかなとも思いましたが、ゆっくり栃木の4人組が上がってくるのを待ち、
少し残ったエサをヨシさんに上げながらしばし彼と歓談しました。

そして駐車場に戻ったのが午後4時ごろ。
ヨシさんは広瀬を5時ごろあとにしたそうです。
大塚さんたちとはいつものように「また一緒に釣りに行きましょう!」と挨拶して
それぞれ帰路につきましたが、いやはや、ヨシさん、大塚さんとそのお仲間、
やっぱり磯釣りは楽しいよね!!

ツケエを取るのがとっても楽な「バッカン用エサ箱立て

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ

posted by モリさん at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする