2017年07月17日

釣り前夜未明の怪談

猛暑が続き、これでは磯釣りどころではありませんが、
いよいよ夏本番、背筋も凍る怪談の季節になりましたね!?
そこで今回は稲川淳二ばりに(?)、昔私が体験した怖〜いお話をしたいと思います。

それはもう30年ほど前に家族連れで里帰りした時のことです。
前夜は「明日は釣りに行くぞ!」と勇んでいたわけですが、
この夜は当時90歳ぐらいだった祖母が珍しく親戚の家に外泊するとのこと。

翌日早朝に家を出るまで熟睡したい私は「これはしめた!」と離れの祖母の部屋で寝ることに。
私は電気を消さないと寝つけない達だったので、真っ暗にして眠りにつきました。

ところがところが、未明の真夜中に私の耳元で「お母さん!」と呼びかける声が!
今でもよく覚えていますが、かなりはっきりした声でした。
とってもビックリした私は、誰かが部屋に入ってきたのかと思い、
慌てて電気をつけましたが、誰もいません!
夜中に「何だこりゃー!」と慌てふためく私!

こんな怖い体験をした私は、暗いうちから釣りに出かける予定でしたが、
結局、夜が明けて明るくなるまで出かけられませんでした。

祖母には戦死した息子(つまり私の叔父さん)がいたと聞いていたので、
起きてきた皆に「これこれしかじか。これは戦死した叔父さんの霊か何かじゃないか?」と
話したところ、
「まさか。そら耳じゃないの」と一笑に付されました。
でも、ホントに耳元で「お母さん!」と呼ぶ声がはっきり聞こえたのです!

もう祖母はかなり前に亡くなりましたが、戦死した叔父と夜中にこうして会話してたのかも。
この怖い体験以来、臆病な(?)私は小さな電気をつけないと寝れなくなってしまいました。
トホホ・・・

いかがです?少しはゾーッとして涼しくなりましたか?
電気を消し、真っ暗にして寝ているなら、今度はあなたの番かもよ〜、ってか?!



ツケエを取るのがとっても楽な「バッカン用エサ箱立て

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ

posted by モリさん at 18:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。