2016年07月07日

九十九里、初夏のイシモチ最新情報

 去年は良型混じりで結構釣れて楽しめた九十九里のイシモチ。
去る5月30日のブログ【1年ぶりの九十九里、多くの人出!】で、
今年初めてイシモチを狙ったお話をしましたが、イシモチのポイントと言われる濁りが無く、
潮が澄み過ぎて残念な結果に終わりました。

 そこで昨日の午後は手が空いたし、曇って涼しげで気候もよさそうだし、また行って見ようと、
潮が上げ始める午後1時過ぎに国民宿舎の「望洋荘」のすぐ裏手にある野手浜の堤防に到着。
ここからまた投げ竿を出してイシモチを狙うことに。
(ホントは磯釣りできるといいんですが、釣場が遠くてかなり早朝に出ないと無理だし)

 でも、途中、アオイソメを買うため立ち寄った横芝光町の小野釣具店のご主人に
最近の釣況を尋ねたところ、「よくないですね。サメ、フグ、エイが多くて、
イシモチは釣れてもこれぐらい」と親指と人差し指でサイズを示してくれましたが、
随分小さいです。
秋になったらサイズアップを期待したいですねとのこと。

 でも、「自分にだけは(?)良型のイシモチが来るかも」と淡い期待を抱きつつ第一投。
すると、コトコトッと軽いアタリがあっていきなり釣れて来たのは
15cmぐらいの放流サイズのイシモチ。

 そのあとも午後4時ごろまでねばりましたが、同じようなサイズが1尾追加できただけ。
あとはフグと小さなサメ・・・

 この野手浜の堤防も、左側に長く続く護岸堤も釣り人らしき人影がホントにまばらで、
小野釣具店のご主人がおっしゃる通り、今年は状況が悪いようです。

DSCF1008.JPG

 この日は前回同様、ご覧の通り、イシモチの好む濁りもまたもや殆どなくて、
残念な結果になってしまいましたとさ。



ツケエを取るのがとっても楽な「バッカン用エサ箱立て

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ

posted by モリさん at 10:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。