2016年05月30日

1年ぶりの九十九里、多くの人出!

 昨日の穏やかな日曜日は気分転換も兼ねて、
九十九里は国民宿舎の「望洋荘」の目の前にある野手浜(匝瑳市ですか)の堤防に、
あの結構うまいイシモチ狙いで釣りに行ってきました。

 成田市を抜けて、まずは蓮沼方面に車で向かうわけですが、
途中ずっとサイクリング愛好者のおびただしい列、列、列・・・
急に他の自転車を追い抜こうとした人がいて、危うくぶつかりそうになりました!
相手も手を挙げて謝っていましたが・・・
 そして海に着くと、これまたかなり多くのサーファーが。

 で、肝心の釣りはと言いますと、
相変わらずイシモチ狙いの時はゆっくり家を出て午前10時に釣り開始!
野手浜の海岸の防潮堤沿いにも多くの釣り人が見えます。
しかし、この日は海が穏やかで青々としており、
イシモチ釣りに適した「濁り」が殆どありません。

DSCF0891.JPG

 それでも午後1時前までねばってはみましたが、
釣れたのは10センチちょいと放流サイズの極ちびイシモチ3尾と外道のフグ。
 途中立ち寄って虫餌を買った小野釣具店のご主人や周りの釣り人が言っていた通り、
今年は不作のようです。

 この日は「息抜き」が主な目的だったので、それから野手浜の長〜い防潮堤に移動して
車中で1時間半ぐらいまどろみながらの〜んびり居眠り。

 その後、蓮沼の栗山川河口方面はどうだろうと見に行ったところ、
飛び出た河口堤防の先端で5人ぐらいが皆カッタクリ釣りをしており、
その河口堤防の右側の海岸では手前から遠くまで沢山の家族連れが
足を濡らしながらハマグリを獲っています。

 そこで、海岸の先の方までプラプラ散歩してみたら、
腰までつかってハマグリを獲っていた漁師さんがちょうど上がって来ました。
その漁師さんに撮らしてもらったのが下の画像で、
手に提げている網にはかなりのハマグリが入っています!

DSCF0895.JPG

 「1時間でこれだけしか獲れなかった」とおっしゃっていましたが、
たった1時間でこんなに獲れるなんてもうビックリ!
だけど、大変な重労働なんだそうです。
(もう一人の漁師さんが少し沖目で腰まで海に漬かってハマグリを獲っていましたが、
確かにかなりな力が要るし、大変な作業のように見えました)

 おっとっと、画像を撮るのに夢中になっていましたが、
代金をお支払いすれば譲ってもらえるのなら、
何個か持ち帰って焼ハマにすればよかったのに〜(涎)と、とっても残念!



ツケエを取るのがとっても楽な「バッカン用エサ箱立て

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ

posted by モリさん at 10:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。