2015年07月02日

良型アジ用、「欲バリ仕掛け」!?

昨日はまたどこか様子見&釣りにと思っていましたが、
外房から鹿島にかけては雨、強風、波高5mの予報ではとても無理と言うことで断念しました。

ところで、外房の磯釣りでは型がよくて美味いアジが掛かって来ることが結構あるものの、
回遊魚だけにずっと釣れ続くわけではなく、
「時合」があって釣れる時間が大抵の場合限られます。

だから、その時合になると、「いなくなっちゃう前にできるだけ数釣ろう」と
必死になって竿を振るわけですが、なにせ1本バリのため、
サビキ釣りのように一度に何匹もというわけには行かないし、
口も切れやすいので数を伸ばすのはなかなか難しいです。

そこでふと頭に浮かんだのが下の画像のような、
よく釣具店で見かける多点バリの「キス釣り仕掛け」。
これらはもう大分以前に大安売りの時にまとめ買いしたものです。

IMG.jpg

ちなみに、左端の段ボール紙に巻かれているのは、
私が昔ウキウキしながら自作していたものです。
でも、モトス(幹糸)を2~3本撚りにして糸絡み防止用のスナズリを作り、
更にチチワを作ってそこにビニールパイプとハリスと流線バリでエダス作り・・・
と結構面倒なので、昨今は市販品で済ませていますが。

 そして下の画像は、その市販のキス釣り仕掛けを
パッケージの中から引っ張り出して広げてみたものです。

IMG_0001.jpg

 で、これに以下のように少し手を加えてアジ釣りに流用し、
アジの群れが回遊して来出したら試してみようかと考えています。
(多くのハリでなるべくたくさん釣ろうとするので、名付けて「欲バリ仕掛け」!?)

@一番下のハリには万一の大物が最も喰って来そうなので、
細い流線バリからグレ用などもっと強度のあるハリに取り換える
(必要に応じハリスも)。
その上の2本のエダスのハリは、流線バリでもアジは充分喰えるだろうし、
柄がとても長いのでフグ対策にもなるだろうから試しにそのままにしておく。

Aスナズリから下の仕掛けの長さが80cm近くあり、その間に3本のハリがあるので、
糸絡み防止と水中での張りを作るため、一番下のハリのハリスと、
モトスとの結び目の上辺りにG3~G5程度のガン玉を打つ。

こんな仕掛けはウキフカセ釣りでは邪道でしょうが、
外房の磯は一般的に潮の流れは緩やかです。
試してみた結果次第でまた改良を重ねてみようと思いますが、
3本バリにパーフェクトのトリプルは無理にしても、
良型のアジがダブルで釣れてくることもあるのではと、内心ワクワクしています!
(え〜、獲らぬ狸の皮算用ってかあ?)


 ところでまたもや余談ですが、このブログの先月(6月)の訪問者数と
見て頂いたビュー(記事)数は、それぞれ5,691人、14,561件となり、
過去ダントツのトップだった先々月(5月)の記録をいずれも若干ながら更新しました。
こんなに拙いのに、一日当たりに平均すると、
190名の方々が延べ485件のブログを見て下さった計算になります。
皆様のご愛読に心から感謝いたします!



ツケエを取るのがとっても楽な「バッカン用エサ箱立て

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ

posted by モリさん at 09:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック