2015年06月28日

20数年前のヘッドランプ、まだ点いた!

 釣り仲間のヨシさんから、先月末、そしてついこの間と、
鴨川小湊の磯での半夜釣りに誘われたものの、
あいにく都合が悪かったり天気予報が悪かったりで残念ながら行けませんでしたが、
「もし行くことになったら、ヘッドランプや、皆が持っててケミホタルよりよく見えるとの
電気ウキを急遽買わなくっちゃ」とは思っていました。

 ところが、「そういえば確か、もう大分昔に購入したヘッドランプがあったよなあ。
まだ電気が点くかなあ、どこにしまったっけ」と思い出して探してみたところ、
二階の散らかった納戸にしまってあった古い道具箱の中から出て来ました!

このヘッドランプは、もう20数年も前にツアーを組んで男女群島に遠征した際に、
瀬泊まりはするし、夜釣りでデカオナガを狙いたいので購入したのですが、
それ以来、夜釣りはしたことが無く、まさに「お蔵入り」になっていました。

でも見つけたとはいえ、問題はまだ使えるかどうかです。
単三電池が4本必要みたいなので家にあった電池を入れてみると・・・
まだちゃんとランプが点(つ)くじゃありませんか!

IMG.jpg

 本体には富士山のマークの中にFUJIと書かれています。
おそらく「富士灯器」社の製品ではないかと思いますが、
ランプの角度調整は90度自由自在、上の黒いツマミを回すと、
正面の大きなランプは勿論のこと、
下部に取り付けられた真下や手元がよく見えるスモールランプだけ点けることもできます。

IMG_0001.jpg

 さすがにかなり古いので昨今流行りのLEDランプではありません。
当時はハロゲンランプが主流だったかと思いますが、
輝度はめっちゃ明る過ぎず、ちょうどいい感じです。

 前々回のブログ【やっぱりオモロい、外房の磯釣り!】でもお話した通り、
鴨川小湊の磯では昼間からでもポツポツと良型のアジが出だしたし、
鹿島港内のあちこちでも夜釣りでアジを中心にメバルや青物などの魚が
釣れ出したようなので、こうなったら早くどこかに夜釣りに行きたくなっちゃいます!

 特に夏場の日中の磯釣りは熱中症や脱水症状に注意が必要で、
私みたいな年寄りにとってはハードなので、
これからは夏場の釣りは「夜釣り中心」と言うことにしますか。



ツケエを取るのがとっても楽な「バッカン用エサ箱立て

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ

posted by モリさん at 10:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。