2015年06月02日

頂戴したミニバラで甑の鹿の子百合を連想

 先日の夕方、自宅の庭に干してあった洗濯物を取り入れていたら、
お隣さんから声を掛けられ、下の画像にある可愛らしい花を頂戴しました。

IMG.jpg

 このお隣さんは一年ちょっと前に引っ越して来られたんですが、
ご主人はどうも園芸が趣味らしく、この花はご自宅の庭で剪定したとのことで、
「ミニバラですよ」とおっしゃっていました。
 確かに小枝にトゲがあるのでバラ科の花なのでしょう。
その小枝を束ね、こんな水を入れた小さなコップに挿して窓辺に飾っておくと、
時折り目に入り、心がとてもなごみます。

 ところで、花弁の大きさこそ違え、この白とピンクがかった花を眺めていたら、
つい甑島の「鹿の子百合(かのこゆり)」を連想してしまいました。
 下の画像は、2013年7月4日のブログ【鹿の子百合、咲きました】の中でも
ご紹介したその鹿の子百合の画像です。

スクリーンショット(2013-07-04 21.38.35).png

 この画像は、上甑島・里に7カ月ほどちょい移住していた当時、
上甑島と中甑島を結ぶ「鹿の子大橋」の近くの茂みで
ひっそりと咲き始めているのを見つけた際に撮影したものです。

 この鹿の子百合は、古くから甑島の島民の方々の暮らしとともにあった花とのことで、
その昔、観賞用に売れたため、島民の方々を飢饉から救ったそうです。
こちらはあと1カ月近くもすると島内のあちこちで咲き始め、8月にかけて見頃を迎えます。

ミニバラも、鹿の子百合も、どちらも何度見ても飽きないとても可憐で素敵な花ですね。



ツケエを取るのがとっても楽な「バッカン用エサ箱立て

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ

posted by モリさん at 09:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。