2015年05月24日

第300話!ウキのカラーの反対色は?

 故・島倉千代子さんの歌じゃないけど、
「人生〜いろいろ♪ 釣り人も〜いろいろ♪ 
ウキだ〜ってい〜ろいろ咲き乱れるの〜♪」・・・(やはりヤングには古過ぎますか?)

磯釣り用ウキのヘッドには、いろんなカラーがありますよね。
よく見かけるのがオレンジ、次いでイエローがちらほら。
そのほかに稀にライトオレンジやピンク、更には真っ赤なレッドやグリーンもあります。

 なぜウキのヘッドにこんなカラーが使用されるのか?
それは当然ながら、海に浮かべた時に際立ってよく見えるからだろうということで、
それぞれのウキのカラーの反対色(「補色」)を調べてみることに。

すると、以下のような結果になり、どの反対色もやっぱり海の色に似てるか近いですね。
イエローの反対色、青紫色はいわゆる「紺色」ですし・・・

レッド ⇒ 青緑色
オレンジ(赤みを帯びた橙色) ⇒ 緑みを帯びた青色
ライトオレンジ(黄みを帯びた橙色) ⇒ 青色
イエロー ⇒ 青紫色

DSCF1218.JPG

 ところで子供のころ、赤と白の絵具を混ぜて作ってた「ピンク」の反対色は、
残念ながら見つけられませんでした。
でも、濃いめのピンク色に似た感じの「赤紫色」なら、
反対色はなんと「緑色」、グリーンですね。

 じゃあ、「グリーン」のウキの反対色は赤紫色ということになりますが、
赤紫色の海というのはまずありえないですから、
ごく少数派とは言え、どうしてグリーンのウキがあるのでしょうか?

実は、グリーンのウキは、特に海が割りと白っぽく見える時に、
即ち、薄暗くなりかけた夕マズメや、潮濁りがあったり、
どんよりした暗い雲に覆われている時などに意外とよく見えます。
以前、オーダーメイドで小社のグリーンの命ウキを購入した方からも、
「グリーンのウキがこんなによく見えるなんて、目からうろこです!」とのお便りを
頂いたことがあります。

inochi_uki_308_2[1].jpg

私の場合、以前はオレンジを使うことが多かったのですが、
このところピンクがすっかり気に入り、
小社製「チェスナッツ」のオールピンクをかなり頻繁に使っています。

色に対する感覚(色彩感覚)は人それぞれだと思いますので、
いろんなカラーを試してお気に入りのカラーを見つけてくださいね。
そういえば、赤と緑のほぼ反対色(補色)同士を組み合わせて
お店のイメージカラーにしているコン○ニもありますが、
看板や広告などをより目立たせたいなら、
このように補色同士を組み合わせるのが有効みたいですよ。

 ところで、これまた余談、しかも手前ミソですが、
この「モリさんのブログ」も今回でとうとう300話になってしまいました!
まさに感無量・・・
下の画像はその第1話目(2013年6月15日)、
【やって来ました、甑島に!いきなり釣り編】でご紹介しました、
移住してすぐに撮影した上甑島西岸の画像です。

スクリーンショット(2013-06-13 11.32.34).png

 100話目も200話目も同じようなことを申し上げたかと思いますけど、
今後も可能な限り、と言うか、釣りをできる限り、
続けて行きたいなあと思いますので、皆様どうぞよろしくお願いいたします。



ツケエを取るのがとっても楽な「バッカン用エサ箱立て

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ

posted by モリさん at 08:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。