2016年06月17日

小湊磯場巡りのおまけI吉尾港前の磯

前回の「おまけ」ブログで、次は吉尾港に立ち寄って
堤防周りの様子を見てみると予告しました。

吉尾港の堤防といえば、昨年の11月末に初めてこの堤防の先端で釣りをして、
沖目を狙い過ぎたため、竿とヒシャクの振り過ぎで左ひじを痛め、
長いこと完治せず困ったことは以前ブログしました。

で、到着してその港左側の堤防を見ましたが、誰もいません。
あれ〜と思いながら周りを見渡してみると、逆の右側の堤防の先端や、
向こうの干上がった磯の方にフカセ釣りをしている人がいます。
(下の画像も例の左クリックを繰り返すと、雨がそぼ降ってるし、
少しピントが合っていないけど、拡大されてその様子が幾らか分かりますよ)

DSCF0973.JPG

この画像を撮った時の潮位はちょうど0cm位だから、
潮位が70cm前後まで下がり出すと画像に写っている向こうの干上がった磯に
胴長着用で入れそうです。

 その干上がった磯の右奥のず〜っと先には、もう20年以上前に何回かすごくいい思いをした
垂涎の磯があります。
そこへは勝浦海中公園のすぐ脇の駐車場に車を停めて入磯してたのですが、
以前のブログでもお伝えしました通り、
その駐車場がず〜っと奥の方に移設されてしまったり、
クラブの釣り仲間の面々に釣られて小湊方面の磯がメインになってしまったことなどもあり、
すっかり足が遠のいていました。

 でも、その垂涎の特級釣場も、吉尾港前のこの磯を経由して少し長い磯歩きを覚悟すれば
入れそうなので、釣り仲間のヨシさんでも誘って一度チャレンジして見ますか!

 では、この「小湊磯場巡りのおまけ」のブログも今回の第3話目で終了です。



ツケエを取るのがとっても楽な「バッカン用エサ箱立て

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ

posted by モリさん at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

小湊磯場巡りのおまけH守屋の磯や海岸

前々回までのブログ、【小湊ぐるりと磯場巡り】シリーズの画像を撮り終えて帰る途中に
立ち寄った他の釣場をご紹介するとお伝えしましたが、その第2弾は「守屋」周辺です。

 前回ご紹介した「浜行川(なめがわ)港」をあとにして、
海沿いの旧道を勝浦方面に向かって進んでいたら、
「守屋海岸入口」と書かれた信号が目に入りました。
「そういえば、昔、守屋海岸の右側の磯で30cmちょいのウシグレ(オキナメジナ)を
釣ったことがあったなあ。ちょっと行って見てみるか」と右折して海岸に出てみることに。

(「ウシグレ」と言うのはメジナの鼻がつぶれたような?顔をしていて、
当時でも個体数が激減しており、希少とのことでした。
私はこのウシグレを大沢弁天の磯でも釣ったことがあります。
勿論、どちらもリリースしましたが、どんな魚かご存知でなく興味のある方は、
ネットで「オキナメジナ」とか「ウシグレ」で検索して見てください。
「スカエース」と呼ばれる地方もあると聞いたことがあります)

 さて、その海岸に出てみると、遠くに見えるその右側の磯も、手前の左側の磯も
残念ながら釣り人はいないようです。
ところが、すぐ前の浜で3人組がキス釣りをしているのが目に入りました。

DSCF0970.JPG

 皆さん結構遠投しており、いかにもベテラン風です。
そして、ほぼサビいて巻き上げて来るたびにキスが釣れているのが遠目にも分かります。
それから、海岸のもっと右側に目をやると、画像では分かり難いですが、
こちらでもキス釣りらしい人たちが数人います。
(例の左クリックを繰り返すと、拡大されてもっと分かるかも)

DSCF0972.JPG

もうかなり前に故郷の弟のハルさんが来訪して来た時、小湊のホテル三日月近くの浜などに
キス釣りに行きましたがさっぱりでした。
 今度また彼が来訪することがあり、キス釣りがしたいなら、
ここへ連れて来たいなあと思いながらこの海岸をあとにしました。

 そしてこのあと、途中の勝浦海中公園近くの吉尾港に立ち寄って
堤防周りの様子を見てみることに。

ツケエを取るのがとっても楽な「バッカン用エサ箱立て

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ

posted by モリさん at 19:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

小湊磯場巡りのおまけG浜行川港

前回までの【小湊ぐるりと磯場巡り】シリーズでご紹介した画像を撮り終え、
帰宅する途中で立ち寄った他の釣場をご紹介するとお伝えしましたが、
その第1弾は「浜行川(なめがわ)港」です。

 ここは港の奥まで車で入ると、駐車料金(1日500円)を取られるので、
もう素泊まりで何回もお世話になっている港入口にある民宿近くに
車を停めさせてもらって歩を進め、防波堤に着いて先端の方を見てみるとこの人だかり。

DSCF0919.JPG

 でかいウキをつけたカゴサビキでアジ狙いの釣り人がほとんどのようですが、
何となく皆さん、諦めムードな感じで、釣果は芳しくなさそうです。
 画像中のテトラ帯の左側は一見、グレ狙いに良さそうですが、
とても浅いし海藻が繁茂しており、フカセ釣りには適しません。

 ところで、この防波堤の一番左側のテトラ帯には鉄パイプで組んだ小さな階段があって、
それを下りると下の方に床も含め板で囲まれた足場があり、そこから何回か竿を出しました。
ここも水深はそんなに無いけど、手前から沖目まで流すと、足の裏ぐらいのグレがよく釣れ、
入れ喰いになったこともありましたよ。

で、そのあたりはどうなっているかと見に行ったところ、こんな無残な有り様!

DSCF0918.JPG

 パイプで組んだ階段も、下の方の足場もほぼ跡形も無くなり、下りられなくなっています。
 私の「困った時の秘密の釣り場」的な場所だったんですが、
残念ながら、台風で壊れてしまったんですかね。
 
それでは次回はまた別な「おまけ」の釣場をご紹介します。

ツケエを取るのがとっても楽な「バッカン用エサ箱立て

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ

posted by モリさん at 16:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。